BLOG

ブログ

今回は腹筋のトレーニングについてお話していきます。

初心者の方は是非参考にしてやってみてください。

 

はじめに、腹筋とはお腹の筋肉のことなのですが、ただ漠然と鍛えるのでは効率がよくありません。

効いている感覚も弱くなってしまうでしょう。

なので筋肉のついている場所をなんとなく把握してみてください。

それだけで効き方が変わってきます。

 

腹筋は

胸骨の下の方(剣状突起)から恥骨のあたり(恥骨結合)についています。

ということは、この二つの部位の距離を縮めたり伸ばしたりすれば効果的に刺激できるわけです。

あまり極端に体を起こしすぎる必要はありません。

(学生の頃、体力測定で行った上体起こしを想像してください。あの動作は股関節の屈曲が主体になっているので腹筋よりも腸腰筋がメインで働いています。)

 

意識としては

自分のみぞおちとおへその距離を近づけたり離したりするように動作すると、しっかりと腹筋に刺激を入れることができます。

呼吸は体を上げるときに吐く、下げるときに吸うように行ってください。

腰も痛くなりずらいですし安全に追い込むことができますので是非やってみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。